入学のタイミング

スタイリスト勉強中(台湾)

スタイリストとは、テレビや雑誌、ショーなどでタレントやモデルに着せる服や小物をコーディネートする職業です。
ファッションが好きな人なら一度は憧れる仕事、と言われるだけに女性の人気が高い職業ですが、センスが必要なことはもちろんのこと、今どういうものが求められているのかといったトレンドを見抜く目も必要です。
狭き門と言われる職業ですが、これを目指すにあたって特に必要な資格はないとされています。
しかし、かといって基礎となるファッションの知識がなければ、まずその世界に飛び込むことも難しいでしょう。
そこでまずは、服飾に関する知識や洋裁の技術、メイクやカラーリングなどが学習できるファッション系のスクールに通うことがその第一歩となります。
なお、スクールで指導する講師は第一線で活躍するプロのスタイリストです。
そのため、一流のセンスやテクニックをその目で見て糧とすることができる他、業界とのツテを得ることができるというメリットがあるのです。

スクールを卒業後、多くの人はスタイリスト事務所に見習いとして入り研鑽を積むことになります。
いわゆるアシスタントとしてトップレベルのスタイリストの下で修行を重ねて、やがて独り立ちしていくのです。
この間は、重い荷物持ちや服や小物を借りるブランドとの交渉役など務め、ファッションの現場を理解していきます。
この時得た知識や技術、業界の人脈などが、独り立ちした時の大きな糧となるのです。
こうして修行を積んで一人前になると、いよいよスタイリストとして第一線に立ちます。
主な活躍の場としてはテレビや雑誌といったマスコミ関係が有名ですが、実はそれ以外にも広がっています。
ブランドやショップ等のアパレル業界では様々なファッションショーや内覧会を開催していますが、こうした場でスタイリストの存在は欠かせません。
また最近では、デパートやブライダル関連会社に勤めて、コーディネートを担当する仕事も増えています。